025763

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
JA2GRC-開発室




◆ JTLinkerダウンロード出来ない 投稿者:  引用する 
くま 日々JTLinker活用させて頂いており、別のPCに同ソフトを
ダウンロードすべく JA2GRCさんの「マイソフトウエア」を開こうとしましたが、Yahoo画面で「このページは表示できません」が出ます。何度もトライしましたが不可でした。下に「Webアドレスhttp://ja2grc.dip.jcが正しいか確かめてください」とあります。ダウンロードの別の方法
教えてください。お手数かけます。
2018/07/18(Wed) 11:06:18 [ No.604 ]
◇ Re: JTLinkerダウンロード出来ない 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ 遠藤さん、

ここ、数日、DDNSの調子が悪く、URLによるアクセスが上手く行っていません。
暫定的に、対策を取っていますので、「Takaさんの毎日が発見」フロントページ http://www.eonet.ne.jp/~ja2grc/ から「マイソフトウエア・ダウンロードサイト」→「JT_Linker」へとリンクを辿っていって下さい。
2018/07/18(Wed) 11:57:50 [ No.605 ]
◇ Re: JTLinkerダウンロード出来ない 投稿者:  引用する 
くま 早速のご連絡ありがとうございます。アドバイス通りやりましたところ、スムーズにダウンロード完了できました。
感謝!!
2018/07/18(Wed) 14:09:36 [ No.606 ]

◆ JST時間が入らない 投稿者:  引用する 
くま 今日は。
JTLinkerを使用させて頂いてます。
Timeが(UTC)にしておけば問題ないのですが、(EXT)でJA局が、(JST)ですとJA、DX局共に0午前0Jとか0午後0Jとかの表示になってしまいます。このままHamLogに入れると00:00Uとかに入力されてしまいます。
直す方法があるのでしょうか?
お教えいただければと思います。
WSJT-X v1.9.0-rc3とJT_Linkerは最新のものを使ってます。宜しくお願いします。
2018/04/09(Mon) 13:06:32 [ No.576 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ 大橋さん

こちらで確認してみましたが、ご指摘いただいたような状況は再現しません。

異常が起こった時のWSJT-X側のLog-QSOダイアログ画面、および、受け取ったJT_Linker側およびHamlog側の画面をそれぞれキャプチャして送って頂けませんでしょうか。

送り先はコールサイン@jarl.comで結構です。
2018/04/09(Mon) 18:53:42 [ No.577 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ ファイル送付ありがとうございました。

アンインストール・インストールを繰り返しても、JT_Linker.iniが残っていると初期化はされません。

メールで記述しました様に、アンインストールせずに、JT_Linker.iniを削除してから、JT_Linker.exeを起動し直して下さい。 そうすると、JT_Linkerは初期化された状態で起動します。

ファイルを見させて頂いた限り、JT_Linker.iniは初期化されて居らず、WSJT-Xのログファイル指定と、JTDXのログファイル指定が同じ位置に指定されています。

まずは、Setupからこの設定を正しく指定し直して下さい。

上に記述した、JT_Linker.iniを削除すれば、全くの初期状態から起動しますので、この状態から設定し直しても大丈夫です。
2018/04/10(Tue) 23:10:38 [ No.578 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:  引用する 
くま PCのOSを初期化して再び各ソフトをインストールして今度は正常に時間が入る様になりました。
 有難う御座いました。
2018/04/12(Thu) 18:39:13 [ No.579 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ そうですか。 取り敢えず良かったですね。

24時間制の時間しか扱ってなかった所に、12時間制のような表示が出ていましたので、時間を引っ張ってくる関数がおかしくなっていたのかも知れません。
2018/04/12(Thu) 23:27:17 [ No.580 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:  引用する 
くま 横やりすみません。全く同じ現象が起きています。開発者様ご指摘のように、JT_L inker.iniを削除して設定やり直そうとしましたが、以前入力ミスを設定やり直す時に一度JT_L inker.iniを削除しており、今回また削除しようとしましたが、同ファイルが見つかりません。このような場合はどうすれば良いのでしょうか?ご教示お願いいたします。
2018/07/07(Sat) 11:25:51 [ No.600 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ GEWさん

・ファイルが見つからないと言う事は、JT_Linker.iniが作成されていないのではないでしょうか。 すなわち削除された状態ではないのでしょうか。
・なお、初期化したい時以外は、JT_Linker.iniを削除する必要はありません。
2018/07/07(Sat) 13:20:10 [ No.601 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:  引用する 
くま 最初に設定する時に、GLを間違ってしまって、何度書き直しても修正できなかったため、フレンド局のアドバイスで同ファイルを削除してから設定書き換えられました。JT_L inker.iniを再び作成するにはどうしたら良いでしょうか?DXのログは問題なくハムログに転送されています。JAとの交信に限り、スレ主さんと全く同じ状態になっています。
2018/07/07(Sat) 14:10:25 [ No.602 ]
◇ Re: JST時間が入らない 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ GEWさん

・動作しているのであれば、JT_Linker.iniは出来ていると思います。
・見えないのは別の理由ではないでしょうか?
・Windows の検索機能を使ってファイル名で探してみて下さい。
2018/07/07(Sat) 14:43:56 [ No.603 ]

◆ JT_Linke 例外テキスト 投稿者:  引用する 
くま
Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。
JT_Linke いつも使わせていただいてます
起動すると、下記のエラーが出ました、再インストールしても直りません。どうしたもでしょう。

************** 例外テキスト **************
System.IndexOutOfRangeException: インデックスが配列の境界外です。
場所 JT_Linker.Form1.logANA23(String s)
場所 JT_Linker.Form1.WSJTX95process()
場所 JT_Linker.Form1.Timer1_Tick(Object sender, EventArgs e)
場所 System.Windows.Forms.Timer.OnTick(EventArgs e)
場所 System.Windows.Forms.Timer.TimerNativeWindow.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)


************** 読み込まれたアセンブリ **************
mscorlib
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
JT_Linker
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 1.0.0.0
コードベース: file:///C:/Program%20Files%20(x86)/JA2GRC/JT_Linker/JT_Linker.exe
----------------------------------------
Microsoft.VisualBasic
アセンブリ バージョン: 8.0.0.0
Win32 バージョン: 8.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.VisualBasic/8.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.VisualBasic.dll
----------------------------------------
System
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
----------------------------------------
System.Drawing
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
----------------------------------------
System.Runtime.Remoting
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Runtime.Remoting/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Runtime.Remoting.dll
----------------------------------------
System.Configuration
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.dll
----------------------------------------
System.Xml
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
----------------------------------------
mscorlib.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8922 (WinRelRS4.050727-8900)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
----------------------------------------

************** JIT デバッグ **************
Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
なりません。

例:

<configuration>
<system.windows.forms jitDebugging="true" />
</configuration>

JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
JIT デバッガに設定されなければなりません。


2018/07/03(Tue) 23:36:28 [ No.597 ]
◇ Re: JT_Linke 例外テキスト 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ wsjt-xのログを読み込んだけど、想定外の内容だったのでエラーとなっているようです。

・ログファイルは読めているようなので存在しているようですが、内容が不正規である(壊れている)。

可能性が高いです。 wsjt-xのログファイル指定辺りや、指定しているログファイルの中身なんかを確認して見ては如何でしょうか?

なお、再インストールしても、設定ファイルが残っている限り、状況は変わらないと思います。

初期化したい場合は設定ファイル(JT_Linker.ini)を削除(バックアップは取って置いて下さい)してから、JT_Linker.exeを再起動すれば、初期状態から起動します。

【2018/07/04(Wed) 11:26:18 投稿者修正】
2018/07/04(Wed) 11:25:22 [ No.599 ]

◆ 関ハム 投稿者:JA2BQX   HomePage    引用する 
ぞう JA2GRC 大塚さん、こんにちは。ご無沙汰しています。
今年の関ハムでの FT8 DxPed モードテストの記事を読みました。
実際に複数の局と交信経験もありますが、楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。
 
2018/05/25(Fri) 11:08:59 [ No.590 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ 勢いに任せて申し込んだ物の、初めてなので、上手く行くかどうか?
是非、遊びに来て下さい。
2018/05/25(Fri) 22:49:06 [ No.591 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:JA2BQX   HomePage    引用する 
ぞう 毎年いっていますので。よろしく。
ところで今回のIFはMICとSPとをクロスさせたPC2台用のケーブルで Hounds 側をパラに接続したものでしょうか?
2018/05/26(Sat) 06:07:06 [ No.592 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ こちらに概要が説明してあります。
http://ja2grc.blog3.fc2.com/blog-entry-4217.html
抵抗だけのパッシブタイプのミキサー・スプリッターです。
2018/05/26(Sat) 22:31:02 [ No.593 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:   HomePage    引用する 
くま ありがとうございます。
ブロックの中身(実配線部)が知りたいのですが...。
メールでお願いできますか?
2018/05/27(Sun) 07:11:29 [ No.594 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:webmaster  引用する 
ねずみ 回路図ですか? 簡単な回路だったので回路図は作っていません。

ネットで「抵抗によるミキサー回路」と検索すれば沢山出てきます。 その中で、こちらの回路を使わせていただきました。

http://www.inakazakaya.jp/wp/2012/06/22/簡易型ミキサー自作/

抵抗による加算回路ですね。 これを4chで作成しています。 スプリッターは単純に逆向きに使っています。

WaveSpectraで見てみますと、挿入損失が-30dB程ですが、PC入力に充分な余裕が有りますので、これで問題有りませんでした。

PCにより、多少のレベルの差はあると思いますが、変にOPアンプなんかを入れたミキサーよりも問題発生が少ないと思います。
2018/05/27(Sun) 10:43:18 [ No.595 ]
◇ Re: 関ハム 投稿者:JA2BQX  引用する 
くま ありがとうございました。
2018/05/27(Sun) 11:15:36 [ No.596 ]

◆ エラーメッセージ 投稿者:  引用する 
パンダ 初めまして。JT_inker便利に使わせていただいています。
有用なソフト、ありがとうございます。
このところ、起動のたびに下記のエラーメッセージが出るようになりました。多分きっかけはWSJT-XとJTDXのadiファイルをハムログで作った新しいadiファイルをリネームしてコピペした時からだろうと思います。内容は下記のとおりです。

「アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。「続行」をクリックすると・・・云々」

Programとuserにあるintを含むすべてのファイルを消去して再インストールしても消えません。
何か知見をお持ちでしたらご指導ください。

JA1LZK 海老原
2018/05/08(Tue) 18:48:32 [ No.585 ]
◇ Re: エラーメッセージ 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ JA1LZK/海老原さん

以下のリンクを参考に対処して下さい。
もし、これで、対応できないのならば、更に、ここに書き込んで下さい。

1.この掲示板(JA2GRC-開発室)の過去ログ、No.566

2.私のブログ、2018.04.18のVirtualStore記事
http://ja2grc.blog3.fc2.com/blog-entry-4224.html
2018/05/08(Tue) 19:44:51 [ No.586 ]
◇ Re: エラーメッセージ 投稿者:  引用する 
パンダ 早速のご指導ありがとうございました。
立ち止まっています。QSO数は1,9000回ほどで、すべてのモードが含まれています。
今まで何回となく同様は方法でHamlogから全角を除いてadiを作成し、コピペrenameで問題なくWSJT-XもJTDXも稼働していたので悩んでます。
海老原弘一
2018/05/08(Tue) 21:12:04 [ No.588 ]
◇ Re: エラーメッセージ 投稿者:  引用する 
パンダ 結局、eQSLからadi(txt)ファイルをDLしてadiロンダリング?してエラーは消えました。
的確なご指導ありがとうございました。
海老原弘一
2018/05/08(Tue) 22:03:42 [ No.589 ]

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -