019635

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
JA2GRC-開発室

[ 指定コメント (No.526) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ JTLinkerのエラーの対処方法 投稿者:  引用する 
うし 以下のメッセージが出て困っています。
対処方法を教えてください。Ver.20161026a
==================================================
インデックスが配列の境界外です。

以下は詳細の内容です。

Just-In-Time (JIT) デバッグを呼び出すための詳細については、
ダイアログ ボックスではなく、このメッセージの最後を参照してください。

************** 例外テキスト **************
System.IndexOutOfRangeException: インデックスが配列の境界外です。
場所 JT_Linker.Form1.logANA2(String s)
場所 JT_Linker.Form1.setParam()
場所 JT_Linker.Form1.Form1_Load(Object sender, EventArgs e)
場所 System.EventHandler.Invoke(Object sender, EventArgs e)
場所 System.Windows.Forms.Form.OnLoad(EventArgs e)
場所 System.Windows.Forms.Form.OnCreateControl()
場所 System.Windows.Forms.Control.CreateControl(Boolean fIgnoreVisible)
場所 System.Windows.Forms.Control.CreateControl()
場所 System.Windows.Forms.Control.WmShowWindow(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Control.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.ScrollableControl.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.ContainerControl.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Form.WmShowWindow(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Form.WndProc(Message& m)
場所 JT_Linker.Form1.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.OnMessage(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.Control.ControlNativeWindow.WndProc(Message& m)
場所 System.Windows.Forms.NativeWindow.Callback(IntPtr hWnd, Int32 msg, IntPtr wparam, IntPtr lparam)


************** 読み込まれたアセンブリ **************
mscorlib
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8794 (WinRelRS2.050727-8700)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
JT_Linker
アセンブリ バージョン: 1.0.0.0
Win32 バージョン: 1.0.0.0
コードベース: file:///C:/Program%20Files%20(x86)/JA2GRC/JT_Linker/JT_Linker.exe
----------------------------------------
Microsoft.VisualBasic
アセンブリ バージョン: 8.0.0.0
Win32 バージョン: 8.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/Microsoft.VisualBasic/8.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/Microsoft.VisualBasic.dll
----------------------------------------
System
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8800 (WinRelRS2.050727-8800)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.dll
----------------------------------------
System.Drawing
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Drawing/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Drawing.dll
----------------------------------------
System.Runtime.Remoting
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8801 (WinRelRS2.050727-8800)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Runtime.Remoting/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Runtime.Remoting.dll
----------------------------------------
System.Configuration
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Configuration/2.0.0.0__b03f5f7f11d50a3a/System.Configuration.dll
----------------------------------------
System.Xml
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Xml/2.0.0.0__b77a5c561934e089/System.Xml.dll
----------------------------------------
mscorlib.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8794 (WinRelRS2.050727-8700)
コードベース: file:///C:/Windows/Microsoft.NET/Framework/v2.0.50727/mscorlib.dll
----------------------------------------
System.Windows.Forms.resources
アセンブリ バージョン: 2.0.0.0
Win32 バージョン: 2.0.50727.8784 (WinRel.050727-8700)
コードベース: file:///C:/WINDOWS/assembly/GAC_MSIL/System.Windows.Forms.resources/2.0.0.0_ja_b77a5c561934e089/System.Windows.Forms.resources.dll
----------------------------------------

************** JIT デバッグ **************
Just-In-Time (JIT) デバッグを有効にするには、このアプリケーション、
またはコンピュータ (machine.config) の構成ファイルの jitDebugging
値を system.windows.forms セクションで設定しなければなりません。
アプリケーションはまた、デバッグを有効にしてコンパイルされなければ
なりません。

例:

<configuration>
<system.windows.forms jitDebugging="true" />
</configuration>

JIT デバッグが有効なときは、このダイアログ ボックスで処理するよりも、
ハンドルされていない例外はすべてコンピュータに登録された
JIT デバッガに設定されなければなりません。

2017/10/25(Wed) 21:36:05 [ No.524 ]
◇ Re: JTLinkerのエラーの対処方法 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ 牛山さん

受信用のソフト(Linkしているソフト)は何をお使いでしょうか?

どのような状況で、どのような設定をして、問題が起こったのでしょうか?

情報が少ないので、一般的な対応方法を以下に記述しておきます。

・リンクしている受信用のソフトのログを削除して起動し直す。(ログは念のためバックアップを取って置いて下さい)
・JT_Linker.iniを削除して起動し直し、リンク設定をし直す。

これらを試して頂くのが、一般的な対処方法です。
2017/10/25(Wed) 23:27:45 [ No.526 ]
◇ Re: JTLinkerのエラーの対処方法 投稿者:  引用する 
うし 早速のお返事ありがとうございました。
受信はWSJT-x V1.8.0-rc1を使っています。
今回はJTLinkerの再インストールでエラーは消えました。
しかしJTAlertXで連動して起動しているのですがなぜかクローズできない模様です。ショートカットをクリックすると"二重起動はできません"と表示します。
2017/10/26(Thu) 11:45:38 [ No.527 ]
◇ Re: JTLinkerのエラーの対処方法 投稿者:Taka(JA2GRC)・管理者  引用する 
ねずみ JT_Alertとの関係は、過去ログ490,491,492辺りを参考にして下さい。
2017/10/26(Thu) 13:32:22 [ No.528 ]

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -